ヘアーライン研磨
別名;装飾研磨


チタン印鑑の表面加工として、業界で初めて採用しました!!
日本で生産されるチタン材料は、そのほとんどがステンレスよりも、その表面硬度が柔らかく、細かいキズが大変目立つ金属となっています。
 その為に、そのキズが目立たないようにする加工が、「
ヘアーライン研磨」という加工です。

これは、ステンレス製の手すりとか、壁材など
ステンレス製装飾品に広く応用されていまして、最も一般的な加工です。

 特に弊社で採用しています印鑑用のチタン材は、砥石で研磨した「
センターレス研磨仕上げ」材料ですが、印鑑に加工して、彫刻をする過程で、無数の細かいキズや打痕が付いてしまいます。これを弊社では、オリジナル開発した

ヘアーライン研磨機で最終仕上げ
をします。

 見た目に、髪の毛で線を引いたようなので、この名があります。拡大していますので、粗い感じですが、最もキズが目立たず、飽きの来ない


        金属チタンそのものの、上品な

            「
メタリックグレー色

                  といった姿となります。

 
拡大図



陽極酸化という技法を使って、ヘアーライン仕上げの上から 無料で着色 しています。
「陽極酸化」の項目をご覧ください

 目次へ  indexへ


                                       ページトップへ


弊社ホームページをお気に入りに追加しませんか?

チタン印鑑の専門店
有限会社チタンエンジニアリング

弊社では、「象牙」「ツゲ」などの印鑑は取り扱っていません。
チタン印鑑100%です。


全て特価、オリジナル・・2014年 4月1日


<